韓国が日本領空内で武力行使!?

戦闘機

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 7月23日、韓国が島根県の竹島付近の空域で、ロシア軍機が「領空を侵犯した」として、戦闘機による警告射撃を実施したと発表しました。

 韓国政府はロシア側に厳重に抗議し、再発防止を求めたということですが、そもそも竹島付近の空域は韓国の領空ではなく日本の領空です。

 日本側は下に引用する記事の通り、ロシア軍機が領空侵犯したことに抗議すると共に、韓国軍機が日本領空内で警告射撃を行ったことに対して遺憾の意を表しています。
 また、これに伴って自衛隊機が緊急発進していたということでした。

島根県の竹島付近の空域で韓国軍がロシア軍機に対し「領空を侵犯した」として、戦闘機による警告射撃を実施したと発表したことを受けて、菅官房長官は日本の領空を侵犯したロシアと、警告射撃を実施した韓国の双方に厳重に抗議したことを明らかにしました。

島根県の竹島付近の空域で、韓国軍はロシア軍機1機が「領空を侵犯した」として、戦闘機による警告射撃を実施したと発表しました。

菅官房長官は午後の記者会見で、「日本海を飛行していたロシア軍用機が2度にわたり、島根県竹島周辺を領空侵犯したことを認識している。韓国軍用機が警告射撃を実施したことは、竹島の領有権に関するわが国の立場に照らして到底受け入れられず、極めて遺憾だ」と述べました。

出典元:NHK NEWS WEB

 ロシア側は、ロシア軍機の飛行記録からどの国の領空も侵犯しておらず、韓国軍機は警告射撃を実施していないと否定しており、各国の主張する内容が食い違っている状態です。

 ロシア国防省は、今回の件について「ロシア軍機と中国軍機が日本海と東シナ海の上空で共同の警戒監視活動をはじめて実施した」と表明しており、中国とも連携していたことが明らかになっています。

 ロシア側の意図は不明ですが、もし韓国側の警告射撃したという報道が事実だとするなら、日本領空内で韓国が武力行使したということであり、到底看過出来る内容では無いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です