日本「売るには許可が必要です」 韓国「厳重に警告する!立場を変えるよう圧迫を続ける!」

韓国 国旗

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 あなたが何か許可が必要な物を購入したい時、相手から「許可が必要です」と言われたら、許可を受けていることを示すのではないでしょうか?

 例えばお酒を購入しようとして年齢確認を求められたら、身分証明書を見せるとか、レジの年齢確認タッチパネルを押すとかしますよね。

 そんな時に、相手を恫喝したり、許可が無くても購入出来るように変更しろ!とか言い出すのは完全に頭がおかしい人だと思います。
 しかし、国対国の間でそんなことを言い出す所があるようです。

康外相は30日、国会の外交統一委員会に出席し、日本政府が輸出手続きを優遇する「ホワイト国」から韓国を除外することについて来月2日にも閣議決定されるとの見通しを述べた。その上で国際社会に向け、輸出管理の強化をめぐる日本の措置が不当だと訴える方針を強調した。

康外相「国際社会に日本の措置の不当性を説明し、有利な世論を作り、日本が立場を変えるよう圧迫を続ける」

出典元:0テレNEWS24

 

韓国の康京和外相はきょう、日本政府が輸出管理の面で優遇措置を取るいわゆる「ホワイト国」から韓国を除外する方針を示していることについて、中止するよう求めるとともに「両国にもたらす否定的な影響を厳重に警告していく」と強調しました。

出典元:ゆうがたサテライト

 日本は、これまで韓国をホワイト国として優遇してあげていたけど、輸出管理が不十分で不適切な事案も発生しているので、きちんと用途等を申請して下さいねと言っているだけです。

 ホワイト国の認定を受けている方が少数派であり、大部分の国と同じ状況になるだけです。きちんと申請してくれれば、これまで通り輸出するのです。

 それなのに、申請への準備等は一切せず「不当だ!」ばかり言ってくる韓国はどう考えても後ろ暗い事情があるとしか思えませんね。
 そもそも、ホワイト国認定は日本国内での手続きに関する話なので、それに対して立場を変えるよう圧迫する!なんて内政干渉としか言いようがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です