【あいちトリエンナーレ】表現の自由 ≠ 税金で反日宣伝

あいちトリエンナーレ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 2019/08/01~2019/10/14の日程で開催されている「あいちトリエンナーレ2019」(国際芸術祭)において、「表現の不自由展・その後」として昭和天皇の肖像を燃やす映像やいわゆる慰安婦像等を展示する事案が発生。

 抗議が殺到した為、08/03の展示を最後に「表現の不自由展・その後」は中止されることになりました。

 「表現の不自由展・その後」の実行委員会は下の記事のように抗議声明を出していますが、中止措置は至極当たり前だと思います。

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で展示中止となった「表現の不自由展・その後」の実行委員会は3日、芸術祭の実行委に対し「主催者自らが弾圧する歴史的暴挙。戦後日本最大の検閲事件となる」との抗議声明を出した。

 声明では「開始からわずか3日での中止は到底信じられない。決定は一方的に通告されたもので、法的対抗手段も検討している」とした。

出典元:共同通信

 「表現の自由」は日本国憲法で定められた権利ですが、何でもかんでも許されるわけではありません。

  1. 他人の生命や健康を害するような態様や方法によるものではないこと
  2. 他人の人間としての尊厳を傷つけるものであってはならないこと

 表現の自由によって、他者の人権を侵害するわけにはいかないので、大きく上記2つの制限を受けます。

 今回の事案はこの2番に該当するでしょう。

 昭和天皇の肖像を燃やした作品が展示されていましたが、「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」と憲法で規定されている天皇を害する作品、こんな物は芸術でも何でもなく、日本国民全員の尊厳を傷つけるものでしょう。

 いわゆる慰安婦像も展示されていましたが、そもそもいわゆる慰安婦自体が全く事実に基づいていません。
(従軍慰安婦自体はいましたが、日本が拉致監禁や奴隷のように扱った事実はありません)

 こちらも、旧日本軍として国を守る為に戦われた方達に対する許しがたい侮辱であり、多くの日本国民の尊厳を傷つけるものに違いありません。

 上記の作品以外にも

  • いわゆる慰安婦被害者と主張する女性を撮影した写真
  • 憲法9条に関する俳句
  • 朝鮮人強制連行追悼碑(そんな事実はありませんが)
  • いわゆる慰安婦について描いた絵
  • 星条旗を床に敷いたかまくらに憲法9条、靖国神社参拝批判等の言葉を掲げたもの

 のように作者及び展示を決めた運営側の良識を疑うしかない作品が並びます。
 これではもはや、国際芸術祭ではなく単なる反日宣伝プロパガンダです。
 そして大変重要な事ですが、「あいちトリエンナーレ2019」の運営資金には税金が投入されているのです。

 大切な税金がこんな反日プロパガンダに使われるなんて、抗議が殺到するのも当たり前でしょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です