【SIY】Google式 科学的マインドフルネス瞑想法

サーチ・インサイド・ユアセルフ アイキャッチ

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

あなたは「瞑想」と聞いて何を思い浮かべますか?

  • お坊さんが行うもの
  • 非科学的
  • スピリチュアルで胡散臭い

このように思っていたりしませんか?

 

脳科学が発達した現代では、瞑想が宗教的儀式ではなく実際に役立つ「心のトレーニング」であるということが、分かってきています。

あの巨大企業であるGoogleでも、マインドフルネス瞑想(今この瞬間に集中する瞑想)を主体とした「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」という研修プログラムを行っています。

 

今回は、その「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」の内容について書かれた本をご紹介します。

 

チャディー・メン・タン (著), 一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート (著), 柴田裕之 (翻訳)

 

サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)

Googleで、「陽気な善人」という独自の肩書をもって人材育成に貢献したチャディー・メン・タン氏。

彼が開発した研修プログラム、それが「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」です。

 

サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)とは
  • 「己の内を探れ」(サーチ・インサイド・ユアセルフ)という意味のGoogleで実施されている研修プログラム
  • マインドフルネスによりEQ(情動的知能)を高めるカリキュラムを行う
  • 全ての人が瞑想の恩恵を受けられるようにすることが目的

 

「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」は2007年以来Googleで教えられています。

そして、以下に示すように受講者は様々な効果を実感しています。

サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)受講者が実感した効果
  • 自分の仕事に新しい意味や充足感を見つけた(Googleを辞めるつもりだったのに、SIY受講後に気が変わった人もいる)
  • 少ない仕事量でより多くの業績を上げるようになり、勤務日数を減らしたのに昇進した
  • 顧客の信用がずっと高まった
  • 結婚生活の質が上がった
  • 兄の死という身内の不幸があったが、深い悲しみをポジティブな形で処理出来た

 

マインドフルネス瞑想 3つのメリット

瞑想

「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」はマインドフルネス瞑想を主軸としています。

「瞑想」というと、お寺でやっているイメージがあるので、宗教的な雰囲気を感じるかもしれませんが、実際は単なる「心のトレーニング」です。

 

マインドフルネス瞑想のやり方自体はとても簡単で、誰でもすぐに始めることが出来ます。

マインドフルネス瞑想の流れ
  1. 呼吸に集中する
  2. 気が散る
  3. 注意が逸れていることを自覚し、呼吸に注意を戻す
  4. 1に戻る

 

とても簡単に行うことが出来るマインドフルネス瞑想ですが、続けることで以下のように大きなメリットを得ることが出来ると科学的に証明されています。

 

①集中力を強化する

マインドフルネス瞑想は、注意とメタ注意を鍛えます。

メタ注意とは、「注意に対する注意」のことです。
あなたが何かに注意を向けていた時、いずれ気が逸れて別のものに注意が向きます。その時、自分の注意が逸れたことに気付く注意のことを「メタ注意」と言います。

 

メタ注意が鍛えられると、注意が逸れてもすぐに戻せるようになる為、結果的に常に注意し続ける⇒集中することが出来るようになります。

 

②幸せになる

バイオテクノロジー企業の従業員を被験者とした研究では、マインドフルネス瞑想を8週間行うことで、不安レベルがはっきり下がったことが確認されています。

また、被験者の脳の電気的活動を測定すると、ポジティブな情動と結びついている脳の部位の活動が大幅に上がっていたことが確認されました。

 

つまり、マインドフルネス瞑想によって不安が少なくなり、幸せを感じるようになるというわけです。

 

③健康になる

マインドフルネス瞑想をしたグループと、そうでないグループで、インフルエンザの予防接種を受けた際の抗体量を比較したところ、マインドフルネス瞑想をしたグループの方が多くの抗体を生み出していることが確認されました。

 

また、乾癬という皮膚病に対して通常の治療を行う際に、瞑想を指導するテープを流した所、テープを流した被験者の方が治癒速度が大幅に早くなったことが確認されました。

※乾癬は皮膚病で目に見える為、その効果を定量的に確認すること(斑点の大きさを測定する等)が出来ます。

 

まとめ

マインドフルネス瞑想は、怪しい宗教的儀式ではなく科学的にメリットが確認されている「心のトレーニング」です。

 

「サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法」には、実際にマインドフルネス瞑想に取り組む為の細かな方法についても詳しく記載されています。

Googleというテクノロジー企業らしく、科学的な方法論として記載されているので、宗教やスピリチュアルはちょっと……という方でも安心してマインドフルネス瞑想を始めることが出来ますよ。

 

 

チャディー・メン・タン (著), 一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート (著), 柴田裕之 (翻訳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です