【性格診断】遺伝子検査で性格が分かる!Myself2.0レビュー

myself2.0 アイキャッチ

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉があるように、己(自分自身)を知ることは重要です。
しかし、自分自身のことは分かっているようでいて、中々しっかり把握するのは難しい面があります。

性格診断テスト等もありますが、どうしても「自分は◯◯だ!」というバイアス(思い込み)が入ってしまいます。
その為、自分が思っている自分の性格と、周囲の人から見たあなたの性格が全然違うといった事も多いのでは無いでしょうか?

 

そこで自分自身の性格や個性を把握するのに有効な手段が「遺伝子検査」です。

人間の性格は遺伝子と環境でおおよそ半分ずつ決まると言われており、遺伝子を検査することで自分がどのような性格なのか、どんな資質をもっているのかが分かります。

 

「Myself2.0」とは

「Myself2.0」とは、性格や個性に関する遺伝子を検査する遺伝子検査キットです。

性格や体質を「社会性」、「慎重性・繊細性」、「勤勉性」、「協調性」、開放性・文化性」の5要素に分け、合計87項目の遺伝子を検査した結果を教えてくれます。

「Myself2.0」で検査出来る全項目の詳細はこちら

 

 

使い方は超簡単。

  1. 公式サイトでマイページを登録する
  2. 検査IDを登録する
  3. 検査同意書に必要事項を記入する
  4. 検査キットで唾液を採取する
  5. 採取した唾液と同意書を返送用封筒で送付する
  6. 約1ヶ月後に検査結果がweb上で確認出来る

①のマイページ登録から、⑤の返送用封筒で送付まで30分程度しかかかりません。

 

サンプリング器具

唾液を採取する検査キットは、上部が漏斗状になっていて、唾液を中に入れるのも簡単です。

容器内に保存液が入っていて、これで唾液がメーカーに届くまで検体を保護してくれます。

 

アカウント情報

検査IDと検査パスワードが記載された紙が同梱されているので、マイページを登録した後に検査IDを入力します。

これでアカウントと検査IDが紐付けられるので、後で検査結果がweb上で見られるようになります。

 

「Myself2.0」で遺伝子検査してみた結果

実際に自分が検査した結果を参考に、どんなデータが見られるのかご紹介します。

 

Myself2.0 結果①

結果の概要としては、5要素それぞれについてチャート形式で示してくれるので、自分にどういう傾向があるのかが把握出来ます。

ちなみに、ピンクのチャートは60問の性格診断テストを元にした結果で、青色のチャートが遺伝子検査の結果になります。

 

Myself2.0 結果③

もちろん、それぞれの要素について自分がどの程度のレベルなのか、詳細も確認することが出来ます。

 

また、87項目それぞれの詳細も確認可能です。

例えば自分の「調和性」の場合、人口分布で16.64%しかいない「低い傾向」に分類され、さらにその中でも下位2.95%に属しています。

調和性ほぼありませんね(笑)

 

「調和性が低い」⇒「周囲に流されることなく自分の主張が出来る傾向にある」ということなので、周りの意見に関係なく我道を行く傾向ということでしょう。

自覚症状もあるので、やっぱり遺伝的にもそうだったかと腑に落ちました。

Myself2.0 結果④

Myself2.0 結果⑤

具体的にどんな遺伝子を持っているのかといったデータも確認出来ます。

Myself2.0 結果⑥

※横長の画像な為、文字が小さくなって読み難く申し訳ないです。
それぞれの遺伝子の型と具体的な解説が記載されています。

 

個人的に以外だったのは、ネガティブ思考になりにくい傾向かつ、幸福感を感じやすい傾向だったことです。

自分としてはポジティブよりネガティブな事が目に付きやすい質だと思っていましたが、遺伝子的には意外とポジティブ思考な性質を持っているようです。

嬉しい誤算ですね。

 

また、「Myself2.0」は性格的な検査項目が多いですが、健康を左右する検査項目もいくつか含まれています。

例えば、自分の場合血液中のαリノレン酸、DHA/EPAの濃度が低い傾向でした。

いわゆる悪玉コレステロールが増えたり、血栓が出来やすい方向にあるということでしょうから、今後もオメガ3系サプリは積極的に摂取していきたいですね。

 

まとめ

自分が何が得意で、何が不得意なのか、どんな資質を持っているのかを把握することは、とても重要です。

自分の強みを活かせば成功しやすくなりますし、弱みが分かっていればそれをカバーする為の方法(事前準備、協力依頼 等)を取るなど対策が立てやすくなります。

 

遺伝子検査では、性格診断テストのようなバイアス(思い込み)が入る余地がなく、純粋に科学的な結果が得られる為、オススメです。

 

 

「Myself2.0」のメーカーであるGeneLifeは他にも様々な遺伝子検査キットを販売しており、がんや生活習慣病など健康面について知りたいなら、「Genesis2.0」が良いようです。

「Myself2.0」と重なっている検査遺伝子もありますが、それぞれにしかない検査遺伝子も多いので、性格を調べたいなら「Myself2.0」、病気になるリスクを調べたいなら「Genesis2.0」といった感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です