【メンタリストDaiGo流】知識を操る超読書術

知識を操る超読書術 アイキャッチ

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

いつも大量の本を読み、そこから得た知識をニコニコ動画やYou Tubeで配信しているメンタリストDaiGoさん。

ニコニコ動画の配信を見たことがある方はご存知かと思いますが、周りの壁が全て本棚の部屋から配信されており、蔵書の数だけでも相当な量があることが分かりますね。

 

また、ただ本を読むだけでなくその内容を記憶し、分かりやすく説明するという意味で彼の右に出る人はそういないと思います。

今回はそんなメンタリストDaiGoさんが書かれた待望の読書術に関する本についてご紹介します。

 

メンタリストDaiGo

 

「知識を操る超読書術」の構成と学べること

「知識を操る超読書術」の構成は以下のようになっています。

第3章で理解力と記憶力を高める読み方の1つとして、「要するに」読みというものが紹介されています。

「要するに」読みとは、章毎に「要するに、◯◯ということが書いてある」と自分の言葉でざっくり要約することなのですが、各章の説明はそれを実践してみました。

 

  • 第1章 読書にまつわる3つのフェイク
    要するに、一般的な読書術で強調される3要素「速読」、「多読」、「選書」の間違いを指摘し、本当に大事なことは何か前提を示している。

  • 第2章 読書の質を高める3つの準備
    要するに、本を読む前の準備として、「その本を読もうと思った理由」、「自分が知っていることと本の目次から興味が湧いた知らないこと」を書き出し、セルフテストで挫折ポイントと対策を知ることが重要。

  • 第3章 理解力と記憶力を高める5つの読み方
    要するに、理解力と記憶力を高める為には、「予め本の内容を予測する」、「文章構造を視覚化する」、「本の内容を他の本・自分自身・世界と繋げる」、「章毎に要約する」、「質問と答えを考えながら読む」ことが重要。

  • 第4章 知識を自在に操る3つのアウトプット
    要するに、相手に頭が良いと思わせ、上手く説得する為には知識量より説明能力が重要。人に教えられるように本を読めば、記憶への定着率も大きく上がる。

 

この本で紹介されているテクニックは、どれも本から知識を得るのに有効なものばかりですが、中でも個人的に一番重要だと思ったのは、第3章で紹介されている「視覚化」読みです。

あなたも、映画や漫画、アニメ等であれば、どんなストーリーだったか簡単に思い出せるのではないでしょうか?

 

例えば自分の場合、映画「ターミネーター2」であれば何も見なくても以下のようにストーリー展開を説明することが出来ます。

  1. T-800とT-1000が未来から現代にやってくる
  2. ゲームセンターでT-1000がジョン・コナーを殺害しようとするも、T-800がそれを阻止
  3. T-1000がサラ・コナーに化ける為に殺害する可能性を知り、ジョン・コナーとT-800が精神病院へサラ・コナーを助けに行く
  4. サラ・コナーと合流後、ガレージのような所でT-800のチップに施されていた学習機能のロックを外す
  5. エンリケの所に行き、預けていた武器等を手に入れる
  6. ダイソンが「ターミネーター」で襲ってきたT-800のチップから、スカイネットを開発する張本人であることを知り、サラ・コナーが殺害しようとする
  7. ダイソンと協力し、サイバーダイン社を爆破、T-800のチップや腕を回収する
  8. T-1000に追いかけられながら、製鉄所に逃げ込む
  9. T-1000を溶鉱炉に落として倒すことに成功、サイバーダイン社から回収したチップや腕、T-800自身も溶鉱炉に沈み、スカイネット誕生を防ぐことに成功

 

これは、ストーリーがあり、それを視覚化することで記憶に定着している為です。

一方で、実用書やビジネス書等にはストーリーが無い為、普通に読んでも記憶に定着しにくい問題点があります。

 

それを解決するのが「視覚化」読みで、ストーリーの代わりに前提、解説、結論の文章構造を視覚化します。

 

例えば、「視覚化」読みの文章構造を視覚化すると

「視覚化」読みの文章構造

【前提】
本の内容を記憶しやすくする読み方は無いだろうか?

 

【解説】
2013年にハジェテペ大学が行った研究で、本の理解力を上げるために効果的な5つのテクニックが挙げられており、その中の1つに「視覚化」読みがある。

ストーリーがあり、頭の中で視覚化出来る方が記憶の定着率が高いことが分かっている。
ストーリーが無い本でも、ストーリーの代わりに文章構造を視覚化することで代用することが出来る。

 

【結論】
ストーリーの無い実用書やビジネス書の文章構造を視覚化することで、本の内容を記憶しやすくすることが出来る。

 

このような感じです。

これを頭の中で映像として思い浮かべることで、記憶の定着率を上げることが出来ます。

 

「知識を操る超読書術」から得られる4つのメリット

「知識を操る超読書術」を読み、その内容を実践すれば以下の4つのメリットを得ることが出来ます。

  1. 読むべき本、読むべき箇所を選べるようになる
  2. 本から効率的に知識を得ることが出来るようになる
  3. 理解力と記憶力を高める読み方が身に付く
  4. 本の内容を他人に上手く説明出来るようになる

 

まとめ

「知識を操る超読書術」には、1冊の本をなかなか読みきれないという初心者から、頻繁に本を読む上級者まで使える、読書の質を上げるテクニックが紹介されています。

この本自体は、初心者でも簡単に読めるよう書かれていますので、他の本を読む前にまずこの本を読んで、効率的な読書法を把握してから他の本を読むことをオススメします。

 

メンタリストDaiGo

 

メンタリストDaiGoさんの他の著作についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です